ないせすアカデミア
ないせすアカデミアは、なかのZERO・野方区民ホール・なかの芸能小劇場の情報サイトです
公演情報 教室・講座情報 プラネタリウム イベント一覧 施設案内 ホールメイト情報
イメージ
機器
プラネタリウムとは
さまざまな時間や場所の星空を再現するための機械のことをいいます。電球の光が細かな穴の開いた板(恒星原板)を通ることによって、ドーム上の天井に星を映し出します。このタイプを光学式といい、最近ではプロジェクターを使って星空を再現するデジタル式と呼ばれるものもあります。なかのZEROプラネタリウムでは、光学式プラネタリウムを使っています。
GMII-SPACE写真
五藤光学研究所 GMII-SPACE
映し出すことができる恒星数は8500個。6.5等星までを映し、美しい星空を再現します。もちろん、恒星だけでなく、太陽系の惑星や月、太陽も映し出すことができます。
コンソール写真
コンソール
プラネタリウム操作卓。ここにあるボタンやダイヤルを操作することによって、プラネタリウム本体を動かしたり、恒星、惑星、星座絵、景色などをドームに映し出します。投映の時には、解説員がここに入り、機械の操作をしながら解説をします。

つぼうち
つぼうち
さまざまなプラネタリウムを経験したベテラン解説員。

だいらく
だいらく( 中野区出身)
なかのZEROプラネタリウムで育った解説員。