アート☆アンサンブル★グリーン
可知日出男(フルート他)、新藤美緒(ピアノ他)、
田辺義博(ギター、バンドネオン他)
 
 

 
  中野に生まれ育った“Art-Ensemble-GreeN”も、20数年の歳月を重ねました。中野区の行事でも多く演奏し、動画の配信など積極的にメッセージを発しています。「なかの芸能小劇場・お昼のコンサート」も19回開催。クラシックからタンゴやジャズなど「国境を越える音楽」が旗印です。NakanoZeroArt展主宰。大震災以降、釜石やいわき市でも演奏。美緒は、ベルリンの「祈りのコンサート」に参加!ボーダーレスな音楽やアートの心、和の心を広げています。どうぞこの心を皆さんのお力で、世界に押し上げてください。
 
     
 
秋元真理子(フルート)
 
 
秋元真理子(フルート)
中野区出身。早稲田大学第一文学部卒。出版社で編集者として勤務するかたわら、アマチュアフルーティストとして活動。2008年管カラフェスタ新宿店大会グッド・サウンド賞。2009年大阪国際音楽コンクール予選金賞。2010年練馬区ファミリーコンサート出演。同年自主リサイタル開催。これまでにフルートを野勢善樹氏、多久潤一朗氏、副科ソルフェージュを杉本あゆみ氏に師事。


安田結衣子(ピアノ)
 
     
 
Violin duo “moca”(ヴァイオリンデュオ)
 
 
根本 理恵、若旅 菜穂子によるヴァイオリンデュオ。日本大学芸術学部音楽学科卒業後、2011年より演奏活動をスタート。カフェでの演奏ライブを中心に活動中。クラシックを中心に、映画音楽、ポピュラー音楽など様々なジャンルの楽曲を、ヴァイオリンデュオのアレンジで演奏をお届けします。
 
     
 
Kaleidoscope of Brass(金管三重奏)
 
 

 
  私たちは、日本大学芸術学部音楽学科弦管打楽専攻の同級生で結成されました。通常の演奏会に加え、ピアノ教室の発表会でのゲスト演奏などが活動の中心です。普段は金管五重奏を中心に活動していますが、演奏内容に応じて小編成でも活動しています。金管アンサンブルといえば分厚い迫力のあるサウンドが魅力ですが、今回は三重奏という小編成にすることによって、より室内楽的で繊細な金管楽器の新しい魅力をお楽しみ頂ければ幸いです。  
     
 
くにたちトロンボーン四重奏団(トロンボーン四重奏)
 
 

 
  ソリスト、オーケストラプレイヤーとして活躍する国立音楽大学出身のトロンボーン奏者で結成後すぐに静岡音楽館AOIにて行われた「静岡の名手オーディション」に合格し、静岡の名手となる。また神田聖子氏が第8回TIAA全日本作曲家コンクール室内楽部門奨励受賞を受けた「ネモフィラの丘」を初演し好評を博す。クラシック演奏に留まらず様々なジャンルに挑戦している。静岡市江崎ホールにて第1回リサイタルを行い好評を博す。
メンバーの一人が中野区出身で、中野区立第九中学校卒業。現在も中野区在住。
 
     
 
プティット シャンソン(歌、ギター、ピアノ)
 
 
秋山美保(歌)
生まれも育ちも中野区。跡見短期大学文学部卒業後、伊藤忠商事に勤務する傍ら、演劇に熱くなる。野方区民ホールを中心に、なかの芸能小劇場、青山円形劇場、天王洲アイルなどで、演じつつ、制作を担当。1998年、シャンソンをキングレコードの片桐修氏に師事。2001年より、都内のライブハウスに出演。小児がん征圧チャリテイー活動を中心に、各種コンサート多数出演。デイサービスや病院、地域の文化センターなどでのミニライブ等も行っている。2児の母。
 
  福田洋介(ギター&歌)
8年前からギターをさわり始め、音楽療法士を目指し、福祉系専門学校在学中に、シャンソンを松島周二氏に師事。4年前から、浅草麦とろラウンジ天空や、六本木ピギャールなど、様々なライブハウスに出演。

太田遊(ピアノ)
幼少よりピアノを始め、中学の頃より、バンド活動を始める。都内音楽専門学校在学中に、ピアニスト小泉たかし氏と知り合い、様々な場所で、ジャズ、ポピュラー、シャンソン等、同氏のサポート活動を行う。作詞、作曲も手掛ける。
 
     
 
古澤彰(作曲/金管三重奏)
 
 
これまでに作曲や音響学を冨田勲、川島素晴、古山俊一らの各氏に師事。尚美学園大学音楽表現学科を経て、現在は慶應義塾大学院にて作曲および音響学を研究中。クラシック〜現代音楽の作曲以外にも、エレクトロバンドLOWBORN SOUNDSYSTEMのリーダーとして活動中。

(演奏)Tp.長谷部守、Hr. 村上俊明、Trb. 岡田大和の金管三重奏。各メンバーとも尚美学園大学音楽表現学科管弦打楽器コースを卒業。

 
     
 
三島美智子(歌)
 
 
三島美智子(歌)
歌うことが大好きで、聖歌隊に憧れ入った合唱部、その後、混声合唱団、女声合唱団で合唱組曲、宗教曲、アカペラ、ポップスと歌い続けてきましたが、もっと色々な歌が歌いたいと野方在住の一ノ瀬弘子先生に入門。日本歌曲、イタリア歌曲、オペラアリアと勉強し、野方WIZでの年1回の発表会で歌い続けて今年で8回目を迎えました。
現在、一ノ瀬門下で勉強しつつ、混声合唱団4つ、女声合唱団1つに在籍し、研鑚中です。


石塚久美子(ピアノ)
 
     
 
水元綾香(ピアノ)
 
 
1992年鹿児島県出身。幼少より父親の転勤に伴い多くの転居を経験。私立桐朋女子高等学校普通科を経て、現在、桐朋学園大学音楽学部2年在学中。これまでに、松隈和子、綾部亜紀子、小野田美緒、碓井貴美子、中島園枝、兼平真木、中井恒仁各氏に師事。現在、小森谷泉氏に師事。
 
     
 
村井絵吏名(ピアノ)
 
 
東京藝術大学音楽学部附属音楽高校ピアノ科、同大学同学部器楽科ピアノ専攻を経て、同大学大学院音楽研究科修士課程ピアノ専攻修了。これまでに秦はるひ、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、レモ・レモリの各氏に師事。安川加壽子記念コンクール、宝塚ベガ音楽コンクール入選。2006年に渡米し、ミシガン大学音楽学部のクリストファー・ハーディング氏に師事。2007年ブリトンリサイタルホールにてソロリサイタルを開催。2010年帰国。